おまとめローンのオススメはこちらです

おまとめローンでオススメの金融機関はココです!

最近では、テレビやインターネットでも「おまとめローン」が話題になっています。

おまとめローンとは、いくつかの金融業者から借金しているローンを、低金利の銀行等の金融機関などで一本化することをいいます。

このおまとめローンについては、何となく知っているという程度で、あまり詳しく知っている人は少ないようです。そのため無理な借り入れを繰り返して、気がついたら複数の業者から多額の借り入れしていまっている人も多いと思います。

いったんこのような状態に陥ると、借入先が多いために返済が精一杯になってしまい、また他の業者からの借金を繰り返す悪循環に陥ってしまうこともあります。

その結果、自己破産など債務整理で解決するしか方法がなくなってしまう人も大変多いのです。

そこで最近注目されているのが、銀行系の消費者金融などが行なっている「おまとめローン」です。

おまとめ ローンを利用することで、毎月の返済が楽になると同時に支払い利息の負担も少なくなります。以前は一部の信用組合や地方銀行しか扱っていなかったのですが、現在では、銀行だけでなく、消費者金融や信販会社などでも扱うようなりました。

このようにメリットの多い「おまとめローン」ですので、多重債務で苦しんでいるのであれば、自己破産など債務整理に陥る前に検討してみてはいかがでしょう。

おまとめローンの選び方

おまとめローンというのは、2000年代の後半から一部の銀行で取り扱うようになった融資制度で、複数の金融機関に対してローンや借金のある債務者に対して、総額を一括返済するのに相当する額を融資してくれるというものです。
おまとめローンによって、今まで借りていた消費者金融、銀行、カード会社などに対する借金を完済することができるだけでなく、多くの場合には月々の返済額も複数の会社に支払ってきた返済額の合計よりも少なくすることができます。

複数の金融機関から借り入れをしている人にとっては、まさに朗報ともいえる融資制度です。
しかし、こんなにメリットの多いおまとめローンですが、やはり借金のある人に対して融資するのですから、一般のローンや融資に比べて審査が厳しくなるという点も忘れてはいけません。

おまとめローンを利用する際に一番大切なことは、どこの金融機関のおまとめローンを利用するかという点です。
金融機関によって、金利だけでなく返済にかかる手間や手数料も違ってきますし、銀行以外の金融業者であれば、それが悪徳業者でないかどうか判断しなければなりません。

借金返済のためには金利は低いにこしたことはありませんが、他の金融機関と比べて異常に金利が低かったり、審査の甘さを大きく宣伝しているような業者は慎重に判断しなければなりません。

申込み後のトラブルを防ぐためにも、インターネットの口コミサイトなどで事前にしっかりと調べておく必要があります。

一般的に複数の借入がある場合、二番目以降の借入では法律で定められている金利の上限になっている場合が多いのですが、これは借入を申し込む際に二番目以降は審査がかなり厳しくなるからです。この審査基準を低くするかわりに金利が高くなっているといってもいいくらいです。

審査が甘い金融機関というのは、その分金利の負担が大きいので、借金がどんどん増えてしまうことになります。これはおまとめローンの場合でも同じで、金融機関を選ぶ場合は、多少審査が厳しくても金利が低い金融機関を選ぶようにしましょう。

審査が甘いからといって金利が高いおまとめローンに1本化しても、逆に返済の総額が増えてしまってはおまとめローンにする意味がありません。 そのため、審査の条件がクリアできるように努めながら金利の低いところをじっくりと探すことが必要です。

おまとめローンを利用する際の条件

おまとめローンを利用する際の条件は、それぞれの金融機関によって違いはありますが、やはりある程度の条件があります。

職業や収入も審査に影響があります

一般の消費者金融でも同じですが、おまとめローンの審査でも、安定した職業に就いていることや、安定的に一定以上の収入があるというのがとても重要になってきます。
そのため、公務員やサラリーマンのように安定した職業の人は審査に通りやすいのですが、自営業や個人事業主などの職業の人は不利になる傾向があります。

極端に短い勤続年数では審査も受けられません

勤続年数も職業や収入と同様に重要な条件のひとつです。この勤続年数が半年未満の場合には、申し込みすることもできないといったケースもありますので、申込み前にしっかりと確認しておく必要があります。しかし一般的には、勤続年数が1年未満の場合には審査に通りにくいと言われているので、おまとめローンの申し込みをするのであれば勤続年数が1年以上経ってからの方がいいでしょう。

住居の状況は信頼度の指標になります

住居の状況についても、既婚者の方が審査に通る可能性はずいぶん高くなります。反面、一人暮らしのような場合には審査に通りにくくなるようです。また賃貸住宅よりも持家の方が信頼度がアップしますが、この場合でも住宅ローンがない方が審査には通りやすくなるようです。

意外にプラスに作用する固定電話

最近では携帯電話だけを使っている人も多いのですが、意外にも固定電話がある方が審査には有利になります。固定電話は、契約している住所に住んでいるという証明という意味あいに加えて、自宅であれば電話での連絡が取りやすいというのも理由です。ですから、一番いいのが固定電話と携帯電話の両方を連絡先としておく方法です。

このように、おまとめローンを利用する際にはある程度の条件があるので、申し込みをする前に申込み先の金融機関の条件をクリアしているかどうか調べてみることが大切です。

おまとめローンを利用して借金を返済するコツ

おまとめローンを利用することで、借金完済の可能性がぐっと現実味を帯びてくるのですが、しかし、本気で借金完済を目指すのであれば、ここで油断してはいけません。

借金を完済するために新たに借金をするというのは、どこか矛盾している気がしますね。そうなんです。なぜおまとめローンをするのか、その目標をはっきりとしておくことが大切です。

借金の大半は、お金の使い方についての意識が希薄なことから生まれています。お金に関する目標を掲げ、借金返済に対するやる気を高めることがとても重要なのです。

何のために完済を目指すのかは人によって理由はそれぞれ違いますが、具体的な目標を明確にして完済への意識を高めていきましょう。

目標が明確になったら次は、今の借金の総額、金利、月々の返済額をしっかりと把握することです。借金グセのある人は、自分の借金の総額や返済予定などをきちんと把握できていません。こうしたことを面倒だと思うところから、知らないうちに借金が増えているので、借金の状況を把握することはとても大切なことです。

借金の総額や月々の返済額を把握したら、次は月々の収入と支出についてもしっかりと把握しておきましょう。どんな計画を立てても、毎月の返済額と収入・支出が適していなければ絵に描いた餅です。また、なにをどれくらい切り詰めればより早く完済できるかといったシミュレーションもできるようになります。

借金を返済しなかればならない場合には、まず余計なお金を使わないことが大切です。収入が多い月などがあっても借金の返済を優先させるようにしましょう。当たり前のことですが、本気で完済を目指すために支出を抑えなければなりません。浮いた分を遊びに使ってしまわないようにして、できるだけ繰上げ返済をするように心がけてみましょう。借金返済期間が長くなれば、コツコツと返済しているつもりでも、実は元本はほとんど返済できていないのです。長い期間、先に金利だけを払い続けているケースも少なくありません。

ここまでのことが実行できたら、後は意志の強さが成否を分けるといってもいいでしょう。

どんなことがあっても返済するという強い意志を持つ事が大切です。自分で決めた目標を忘れないように、取り組んでいきましょう。

おまとめローンを申し込む前にすべき7つのチェックポイント

おまとめローンというのは、はじめから他社で借入をしていることを前提にした融資です。ただし、おまとめローンで借りたお金で他社の債務をゼロにして、おまとめローンで1社にまとめることが目的であれば融資してもいいというものなので、他社の借金を返すという目的がなければ審査は通りません。

しかし、おまとめローンを受け付けていない銀行もあります。こういった銀行は、他社に借入がある場合の融資には消極的で、申し込んでも断わられる確率が高いのです。

そのため、おまとめローンを申し込むのであれば、正式におまとめローンを受け付けている銀行を見つけることが大切です。やみくもにローンを申込んでも審査で落ちてばかりでは、逆に申込みブラックになる可能性もあるので事前によく調べておきましましょう。

おまとめローンを受け付けている銀行が分かったら、ローンの申し込みをする準備をしていきます。

ます、審査にはスコアリング(査定)というものがあるのを知っておきましょう。
審査のスコアリングとは、ローンを組む人の社会的な属性によって「信用度」を査定することです。このスコアリングが高いか低いかで、その相手にお金を貸すか、貸さないか? また
貸すとしたらいくらがリミットか?といったことが決まるのです。

スコアリングの具体的なチェック項目は、

  1. 職業
  2. 家族構成
  3. 持ち家か
  4. 健康保険の種類
  5. 銀行口座の種類
  6. クレジットカードの有無」
  7. 他社での借り入れ件数と金額

の7つです。

ですから、おまとめローンを申し込むのであれば、この7項目のスコアリングを少しでもあげなければなりません。

職業や健康保険の種類、家族構成などはすぐに変えることはできませんが、ほかの項目についてはスコアリングを上げることも無理ではありません。

例えば借入件数であれば、借入残高が低いものをあらかじめ減らしておくことでスコアリングを上げることができます。また、賃貸よりも持ち家の方が信用度が高いので、実家が近くであれば実家に引っ越すのもいい方法です。クレジットカードを使っていなければ、キャンペーンなどのタイミングを利用して入会しておくというのもいいかもしれません。その他にも、公共料金の振り込みを口座指定にしておくだけも信用度がアップするのです。

おまとめローンの申し込みをする前に、審査の際のスコアリングを少しでも上げておくなど信用度をチェックしておくことも大切です。

おまとめローンの申し込みでやってはいけないコトと注意点

おまとめローンで絶対にやってはいけないことは、嘘を書かないということです。これは審査が通らないばかりでなく、その後の信用も失ってしまう原因にもなるので、申込みにあたっては正直な内容を書くようにしましょう。

ここでは、その他に審査で落とされる原因として多いものと注意点を紹介します。

他社の利用件数を少なく申告してもすぐにバレます。

おまとめローンを利用する人は、ほとんどの場合、数社から借入をしているわけですが、他社の利用件数が多すぎると審査に通りにくくなるのではと心配して、少ない借入件数を申告する人がいますが、これは絶対にしないようにしましょう。
個人信用情報機関というものがあるので、他社での借入件数が調べればすぐに分かります。おまとめローンを申し込むのですから、他社の利用があっても当たり前なので、正直に申告するようにしましょう。
逆に、これだけあるけれどもすべておまとめローンで借り換えてきれいに整理したい、という熱意を融資担当者に使えるくらいがいいでしょう。

年収を多めに申告すると後で困ることになります。

借入金額にもよりますが収入証明書や所得証明、源泉徴収票などの提出を求められるとすぐにバレます。消費者金融では年収の1/3までしか融資してくれませんが、おまとめローンを積極的に行っている銀行ローンならそのような規制はないので年収は正直に申告しましょう。

必要以上のお金を借りようとすると審査に落ちる場合もあります。

どうせおまとめローンで借入するならと、必要以上のお金を借りようとする人も少なくありません。しかし、金額は少ない方が審査はずっと通りやすくなりますし、一定金額以下であれば所得証明書も必要ない場合もあり、比較的簡単な審査で済む場合もあります。
あくまでもおまとめローンの申し込みなので、他社の債務を1本化して借金を返済できる金額か、あるいは何社かの借金を1本化できる金額で申し込むようにしましょう。必要以上の金額を借りようとして審査に落とされないように注意しましょう。

現在の勤務先を正直に書かないと確認電話でバレます。

信用度が高いからといって、すでに退職している以前の勤め先を書いたりする人がいますが、こういう審査では必ず勤務先に在籍確認の電話をするので嘘はすぐにバレてしまいます。このような虚偽申告は、バレた時点で審査を落とされてしまうので注意しましょう。
ただ、無職では審査を受けても通る可能性はないので、まず仕事を探して安定収入が得られるようになってから申し込むようにしましょう。

おまとめローンの注意点とは

おまとめローンは、複数の借入がある人にとってもは、とても便性な融資制度ですが、利用する際には注意しておかなければならない点もいくつかあります。

まず、おまとめローンを申し込む場合、それまであった複数の借入を一社にまとめるわけですから、できるだけ金利の低い金融機関でまとめることが一番大切です。万が一、金利の高い金融機関で一本化してしまったら、逆に総支払額が高くなっておまとめローンを利用するメリットが減ってしまいます。そのため、出来るだけ金利の低い金融機関を選んで申し込むことが大切です。

おまとめローンを利用する際には、できるだけ金利の安いところを選びたいのですが、審査に通りやすいという点を重視した結果、高い金利の金融機関から借入してしまっては、逆に借金の総額が増えてしまうことにもなりかねません。

金利の他に、返済期間をチェックすることも必要です。毎月の返済額を少なくすれば返済は楽になりますが、返済期間が長くなるのでその分利息が増えていきます。あまりぎりぎりで返済額を設定するのも問題ですが、毎月の返済額を減らしすぎると総支払金額が増えてしまうので、このあたりを考えながら無理のない計画的な返済プランを立てることが大切です。金利が安いからと返済期間の長い契約をしては、その分、支払う金利も多くなってしまいます。月々の支払金額と返済期間のバランスのよいものを選ぶようにすることが大切です。

おまとめローンは、あくまでも複数の借入れを一本化して、返済しやすいものにした上で完済を目指すためのプランです。借金を1本にまとめたからと安心してしまって、また別の借入をしないようにしましょう。

おまとめローンの審査基準

複数の金融機関や消費者金融から借り入れをしている人を対象にしたおまとめローンの場合、やはり一般のローンよりも返済能力などについての審査基準が厳しいと言われています。

金融機関でおまとめローンを考えている人は、過去に延滞があった場合には、借入はかなり難しくなります。それは金融機関では、過去に延滞のあった人への融資を極端に嫌う傾向があるからです。1ヶ月延滞すれば翌月には2倍の返済をしなければならないので、1回の延滞でもこれがきっかけとなって以後の返済ができなくなる可能性が高くなるからです。過去の返済に延滞があったかどうかなどは、すべて個人信用情報に登録されているので、申込み時に調べればすぐに分かってしまいます。

年収については、必ずしも高ければいいというものではありません。年収が高い人でも低い人でも、その安定性がもっとも重視されています。その意味では、倒産のリスクが低い大企業に長年務めている人が有利ということになります。しかし、零細企業会社だからダメということではありません。一定期間継続して勤務をしていれば、返済能力について問題がないと判断されます。逆に大企業でも入社間もない人の信用度は低くなります。

年収でも触れましたが、勤務先としてはやはり安定した企業に就職している人が有利ですが、それと同等に重視されるのが勤続年数です。例えば、大きな会社に入社したからといって、大きな金額のローンを申し込んでも通る可能性は低くなります。逆に、零細企業のような小さな会社でも長年勤務している実績があれば、審査の際には有利に評価してもらえます。勤続年数というのは、収入の多い少ないというよりも、収入が安定しているかどうかという点が重要になってくるのです。申込み時に記入した勤務先には、必ず在籍を確認するための電話をするようになっているので、勤務先の嘘などは絶対にしてはいけません。この場合、電話は個人名でかかってきますから、ローンを申し込んだことが会社にバレる心配はありません。

当たり前のことですが、融資額が大きくなると審査基準も高くなります。おまとめローンの目的は、必ずしもいま借りている全部のローンを1本化することではないので、ひとつにまとめることが難しければ、金利が高い分だけでもまとめて安くする「借り換え」という方法でもいいでしょう。

おまとめローンのメリットとデメリット

総量規制導入後、例外貸付として融資が可能なおまとめローンが注目されています。
今回はそのおまとめローンのメリットとデメリットについて説明したいと思います。

まず一番のメリットは、複数の借入を低金利のおまとめローンに1本化することで、毎月の支払金額を少なくすることができるという点です。完済するまでの総支払金額を計算してみると、おまとめローンを利用した場合の払い込み金額の方が少なくなります。

また、借入が複数になってくると、どれがいつ完済するのか、借金の全体像がはっきり分からなくなってしまい、毎月の返済に追われるだけになっているケースが多いので、おまとめローンに1本化することで、いつ完済できるのか、それまでに月々いくら返済しなければならないかなど、具体的な返済計画がはっきりと見えるようになるというのも大きなメリットです。

また、おまとめローンは返済専用の融資なので、新たに借金が増えることもありません。万が一、入院や事故などの事情で返済が遅れるなどの相談をしたい時でも、1社だけなので前向きに手続きをすすめることができます。

借入件数が増えてくると、それぞれの返済日に支払をしなければならないために、精神的にもストレスがたまりますし、実際に振込みなど面倒な手間もかかってきます。その点、おまとめローンであれば1社だけの支払いなので、支払いの手続きなども随分と楽になります。

次に、おまとめローンのデメリットですが、これはおまとめローン1本にまとめた後で、急な出費等があった場合に追加利用ができないという点です。どうしてもお金が必要だということで、他でキャッシングしたりすると契約違反になる場合もあるので注意しなければなりません。こうした場合、金融会社によっては、分割での返済が認められなくなっ一括で清算しなければならないか、あるいは新たに保証人を付けなければならなくなるケースもあるので気をつけましょう。

また利用時の審査でも、小口のフリーローンと比べて書類が多く、審査に時間がかかり、審査内容によっては保証人が必要となる場合もあるなど、一般のローンと比べて審査が厳しいといった問題もあります。

おまとめローンのメリットとデメリットで言えば、メリットの方が断然多いので、本気で借金を完済することを考えるのであれば、金利の低いおまとめローンで1本化するのが望ましいでしょう。

おまとめローンで返済計画を見直すポイント

複数のローンを抱えていれば、当然負担も重くなってきますが、買い物などで商品を購入するために計画的ローンを組むこともあります。こういう場合には、借金をしたと感じる人は少ないと思いますが、買いたいけれどもお金がないという理由でローンを組んだ場合には、借金をしたと考える方がいいでしょう。

このようなケースでは、もともと予定していない借金ができたのですから、生活に影響がでる場合も当然あると思います。しかし中には、指定した銀行口座から勝手に引き落とされるために、ほとんど金額や金利などを把握していないという人も多いようです。

この場合、銀行口座にある程度の預金残高がある人はいいかもしれませんが、毎月の収入でやりくりをしている人であれば、少し状況が変化しただけで返済が困難になることは間違いありません。

最悪の場合には、不足分を補てんするために新たに借金をするというパターンに陥って、気がついたら手もつけられない状態になっていたということも十分に考えられます。

おまとめローンというのは、複数のローンの支払に追われている現状を、一度すっきりと順調に返済ができるようにしてくれる融資精度なので、これをうまく活用して計画的な返済ができるように見直すことが大切です。

実際、このおまとめローンを上手く活用して、どうにもならなくなっていた借金を完済したという方がたくさんいるのです。しかしその為には、おまとめローンの返済計画がとても重要です。せっかく見直すのですから、これを機にしっかりとしたおまとめローンの返済プランを立てておくといいでしょう。

最初に借入する時には大丈夫と思っていても、実際に長期にわたって返済していく中には上手くいかない時期もでてくるものです。そうなると途端に返済の負担が大きくなって、いわゆる借金苦に陥ってしまいます。そうなった原因がどこにあるのかをしっかりと見つけて、改善策を考えるようにする必要があります。

おまとめローンを利用するのであれば、今後の返済計画を完済までしっかりと見据えてプランを立てるようにしておきましょう。

おまとめローンで借金を完済するためにやるべきたった二つのこと

借入先が増えて借金が膨らんでしまった人というのは、ほとんど場合、自分の使ったお金を把握していません。
当たり前のことですが、収入より支出が多ければ借金は増えていきます。稼いでいるお金よりも出ていくお金が多いのですから、その分が借金となって増えていくのは当然です。

ところが借金が増えていく人というのは、この当然のことが把握できていないのです。

自分の使ったお金の使い道をしっかりと把握すること

まず一つめは、自分の使ったお金の使い道をしっかりと把握することです。

もちろんお金の使うのには、人それぞれいろんな理由があると思います。しかし、その理由を言い訳にして、なにも対策を練ろうとしなければどうなるでしょう?借金は減るどころか、増え続けることになってしまいます。

借金をしない、増やさないためには、普段からお金の使い方をしっかりと考えて生活することが最も効果的な予防法なのです。しかし、自分が一体何にどれだけのお金を使ったかも分かっていないのであれば、借金生活を立て直すことはできません。

おまとめローンというのは、借金を帳消しにしてくれるわけではありません。あくまで借入先をひとつにまとめるだけなのです。

そのため、こうした状況を変えていくためにも家計簿をつけるなどして、お金の使い道を把握する習慣をつけましょう。

借金の現状を把握すること

二つめは、借金の現状を把握することです。

いったいどれだけの借入れ件数があるのか、どんどん借りてどんどん使っているのでは、今どれだけの借金があるのかが把握きなくなって当たり前です。

おまとめローンを利用するかどうかは別にして、借金を完済するためには現状を把握して、計画的にお金を使う癖をつけることが大切です。

また、現在の返済だけを確認するのではなく、過去に支払った利息を含む返済金についても、過払いになっていないか?元金充当額はどのくらい見込めるか?などの支払い状況もふくめて確認しておくようにしましょう。

借金の現状を把握しておくことによって、おまとめローンを検討する際に、どの会社の借金を借り換えてどれを残すかといった正しい判断ができるようになります。

おまとめローンのオススメはこちらです

ページの先頭へ